B+COM 過去の製品

日本のバイク乗りの声を聞いて、聞いて、
B+COMは、進化してきました。

SB5X

2015年6月発売

生産終了品

初めてデュアルチップを搭載することで、音楽やナビを聴きながら通話ができる「聴きトーク」を実現。SB6Xのルーツとなった機種。

SB5Xのオプションはこちら
SB5X用アップデートプログラム

SB4X

2013年3月発売

生産終了品

操作性、飛距離、耐久性を、従来モデルの3倍に向上させた名機。バイクインカムは「B+COM」のイメージを、市場に定着させた。

SB4X / SB4X Liteのオプションはこちら

SB213.evo

2011年3月発売

生産終了品

データ転送速度や飛距離が大幅に向上したほか、B+COM STATION(生産終了品)を用いての6人通話が可能になるなど、現行機種の礎を築いた。

SB213.evo用アップデートプログラム

SB213

2009年4月発売

生産終了品

SB203に対するユーザーの声を拾って生まれた機種。充電時間は約2/3に短縮されながらも、使用時間が2倍近くにアップした。

SB213用アップデートプログラム

SB203

2008年3月発売

生産終了品

ワイヤレス、カンタンな操作、高音質を突き詰め、初期モデル同様当時としては画期的なBluetoothインカムのパイオニアとなった。