LED RIBBON

新次元の明るさ、見やすい配光、長寿命。
LEDヘッドライト交換用バルブ

革命的<レボリューショナル>なLED、登場。

LED RIBBONシリーズに新たに「LED RIBBON REVO」が登場。2本の銅製ヒートパイプで銅製基板を挟み込みハンダ溶接する新開発デュアルヒートパイプ冷却システムを採用、革命的な明るさを実現しました。また、純正の防水ブーツを使用すればヘッドライト本来の防水性を保つことができます。

LED RIBBON REVOラインナップはこちら

バイク用ヘッドライトとして
初めてLEDの実用化に成功。

サイン・ハウスは1996年、白色LEDが開発されたことに注目。
「HIDよりも明るく、長寿命で、エネルギー損失も少ないヘッドライトができないか」と構想を始めました。
当初はLEDバルブの製造にコストがかかりすぎることや技術的な課題を抱えていましたが、やがてLEDが一般化されるとともに独自技術を突き詰め、17年越しの構想を現実にしました。
いちバイク乗りとして「本当にほしいと思えるもの」をつくる。
LED RIBBONは、サインハウスのものづくり精神を代表する製品のひとつとなっています。

 

必要なところに必要な光を届け、
かつ広い視界と高い視認性も確保。

高輝度LEDの性能を最大限に活かせるようリフレクターの使い方を計算し、ほしいところに十分に光を届け、視認性・被視認性のどちらも高めることのできる配光を実現。同時に、ハロゲンよりも明るくワイドな視界も確保しました。また、カットラインを明確にし、余計な光を上に漏らさないので対向車から見てもまぶしくありません。

寿命はハロゲンの約100倍。
長寿命だから交換も少ない。

LEDの寿命は約40,000時間とハロゲンの約100倍。H.I.Dと比べても25倍以上の差があります。また、走行時の振動や衝撃に強く設計されています。
※LED単体の寿命であり、バルブシステムの寿命を保証するものではありません。

点灯開始から瞬時に光量MAX

点灯から最大光量になるまで時間のかかるHIDに比べ、LEDは点灯直後に最大光量になります。また、点灯による発熱を管理し、出力を調整するヒートセンサーや、狭いスペースでも効率的に放熱する独自の構造により、安定した十分な明るさを保ちます。

熱効率を高め長寿命を実現する
サインハウス独自の特許技術。

超高輝度LEDの性能を最大限に発揮する上で課題となるのが、発熱による性能低下です。LED RIBBONは、この問題を素材・構造・工法によって解決し、特許を取得しました。

発明1ヒートパイプ技術

銅製の基盤をメイン構造の銅製ヒートパイプにハンダ溶接。伝熱ロスを最小限に抑え、発光で生じた熱をヒートリボンへ高速で伝えます。また発熱を抑制する高性能ヒートセンサーが、LEDの寿命低下を防ぎます。

発明2銅製フレキシブルヒートシンク

リボン状のシンクが自由に形を変え、灯具にピッタリ密着。ヒートパイプから受け取った熱を高効率で放熱します。ボディ全体を素早く冷却し、明るさを維持することができます。

発明3ムダのない完全オリジナル設計

冷却の要であるヒートパイプとヒートシンク、コントローラーなど、パーツをシンプルかつコンパクトに構成。配線、取り付け方まで、どこまでもムダのないランプが誕生しました。

ミニバイク用から高光量ポジションランプまであらゆる車種のニーズに応えるラインナップ。

革命的な照射を誇る「REVO」、「H4 HYPER」の他、小排気量バイク向けの製品や、業界トップクラスの300ルーメンを誇るポジションランプなども展開。ほとんどの車両に加工することなく、そのまま取り付けが可能です。

LED RIBBONラインナップはこちら

LED RIBBON 全ラインナップはこちら
LED RIBBON 適合表はこちら
取扱説明書のダウンロードはこちらから