B+COM Uで設定できる「A2DPによる制御」とはなんですか?

B+COM Uで設定できる「A2DPによる制御」とはなんですか?

B+COM SB6X/ONEには、「A2DPによる制御」の設定を変更することが可能です。
V5.3以降、初期設定は「OFF」になっています。
※V1.0~V5.2のバージョンでは「ON」が初期設定です。

本機能はPC/スマートフォン用アプリケーション「B+COM U」より変更出来ますが、機能をオン・オフに変更した際の動作の違いについて、記載致します。

【A2DP による制御を「OFF」にした場合】
 ホンダ 新型ゴールドウイング等に搭載されているBluetooth オーディオユニット(Apple CarPlay)との接続時、車両側操作がスムーズになります。

【A2DP による制御を「ON」にした場合】
 バイク用ナビやレーダー、トランスミッターなど、AVRCP 機能を持たないデバイスに対応します。

通常は「OFF」の状態を推奨しておりますが、AppleCarPlayを使わず、Bluetoothトランスミッター類をご利用される場合は、「ON」へ変更してください。

パソコン版B+COM U
スマホ版B+COM U