LUBROIDトップ画像

LUBROIDポイント1
LUBROID説明図

メタルコンディショナーとオイルコンディショナー二つの特徴を持つ全く新しいオイル添加剤が「ルブロイド」です。
工業用機械に使用されてきた実績がその性能を裏付けます。
特にバイクの様な常に高温、高回転にさらされる厳しい条件下でこそ、その性能を発揮させます。

LUBROIDポイント2

必要な場所だけを
滑らかにするから安心

添加剤の中にはクラッチが滑ってしまうものもありますが、ルブロイドなら大丈夫

焼きつき防止のために
開発されたプロ仕様

工業用機械に使用されるベアリングの焼きつき解消のため、摩擦工学という見地から焼き付きを研究し、ルブロイドは誕生しました。幅広い分野の現場での導入実績があります

金属・樹脂を腐食しない
塩素フリー

これまでの塩素系添加剤は、金属表面の腐食やゴム、樹脂などへの悪影響がデメリットとしてありました。その点、ルブロイドは塩素フリーなので、各部への影響はありません。

LUBROIDポイント3

高い耐焼きつき性(極圧性)

塩素フリーにも関わらず、塩素系添加剤と同レベルの性能を保持、エンジンの焼きつきを強力に防止します

LUBROIDポイント3画像1

高い滑り性(低摩擦係数)

マシンのパワーアップにつながる低摩擦係数は、世界トップクラス、燃費向上や低ノイズ、低振動に繋げます。

LUBROIDポイント3画像2

高い粘度安定性

温度の変化に強く、オイルの状態をキープできる安定性を保持。寒冷地でも安心して使用することができます。

LUBROIDポイント3画像3

LUBROIDポイント4

マシンが持つ、本来の力を実感

愛車のGSにルブロイドを入れてみて、ギアの感覚が変わりました。入りやすくなりましたね。あとは、走り出しの滑らかさ。バイクは出だしが「ガクン」ってなりがちなのが、するすると走り出せる。マシンが持つ本来の乗り心地の良さを実感しています。

LUBROIDポイント4画像1

厳しい状況下でも焼きつきなし

趣味でやっているドリフトは、車に極度の負荷がかかるスポーツです。そこで、過酷な状況下での耐久テストとして、ドリフト車にもルブロイドを使ってみました。3分走った結果を見てびっくりです。エンジン温度が、通常92℃まで上がるのに、86℃に抑えられました。これまで5回はエンジンをダメにしていますが、焼きつきの心配がぐっと減りましたね。

LUBROIDポイント4画像2

LUBROIDがんこオヤジリンク

【販売店で予約!】バイク用品の取扱店はこちら>>>