スピーカーコネクタの接触が悪い

消耗品であるB+COM付属スピーカーのケーブルが破損してしまったり、端子の接触が悪くなってしまった場合には、
販売のあるオプション品をご利用頂けます。
また、SB6X以外のB+COMでは、付属スピーカーよりも更に高音質な「Neoシリーズ」のスピーカーもございます。
高磁力ネオジムマグネットを採用し、バスレフ構造とすることで実感できる、更に伸びのある低音と解像度の高い
クリアな音をお試しください。

サインハウス B+COM オプション品紹介ページ

もし、スピーカー以外に故障の疑いがある場合には、下記修理受付窓口より製品検査をご依頼くださいませ。

サインハウス オンライン修理受付

【ご注意ください】
・マイク・スピーカーは防水仕様ではございません。雨天時のお取り扱いには十分ご注意ください。
・本体とスピーカーを接続する際には、コネクタとの間に砂や埃、水分などが挟まらないよう慎重にお取り扱いください。
・ヘルメットにB+COMを脱着する際は、無理にケーブルを引っ張らないでください。

【SB6Xのスピーカー接続について】
SB6Xの場合、スピーカーの差し込みが少し硬く感じる場合が御座います。
本体裏側から見て、隙間が見えないように最後まで差し込んでご使用下さい。
最後まで差し込まれていないと、音声の出力不良が発生する場合が御座います。

このFAQはお役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 9人中5人がこのFAQは役に立ったと言っています。