【FANTIC】サイクルモード・インターナショナル2019 に出展

【FANTIC】サイクルモード・インターナショナル2019 に出展

 

世界中で人気を集めるブランドのロードバイクやクロスバイク・マウンテンバイク・ミニベロなどの完成車から、ヘルメットやウェアなどの自転車関連グッズの最新モデルが勢ぞろい!

さらに世界中で新たなムーブメントが巻き起こっている「E-BIKE(電動アシスト自転車)」も多数出展する国内最大級の自転車イベントに、FANTIC も出展いたします。

サイクルモード・インターナショナル2019公式サイト

 

 

FANTIC E-MTB はオフロード・モーターサイクルやキャバレロ・シリーズで知られるイタリアのFANTIC Motor 社が製造し販売している全く新しい電動アシスト形式のMTB。これまでの自転車つくりの発想にとらわれず、FANTIC Motor 社が誇るオフロードモーターサイクルへの深い造詣から、前後異形タイヤ(オフロード・モーターサイクル同様に前輪が大径、後輪が小径でファットなタイヤを選択)、トラクション重視のリンク式リアサスペンション、バッテリー内蔵式のスタイリッシュなフレーム、プロフェッショナルなMTBライダーをうならせるハイグレードなコンポーネンツ、最新のディメンジョンを誇る高品質なフレームといったつくりの高品質なE-MTB に特化して商品を開発し、欧州市場を中心に現在は北米市場でも大きく売り上げを伸ばしています。日本ではレギュレーションの違いからレース専用(公道走行不可)のモデルとして、サインハウス車両事業部が取り扱う予定です。


XF1シリーズ

2018 年度デザイン&イノベーション・アワードを受賞。オフロードモーターサイクル・レースシーンで鍛え上げられたテクノロジーを惜しみなく投入し、圧倒的なトラクションと、BROSE 製の高出力、高トルクモーターとの組み合わせで、欧州のE-MTB シーンを瞬く間に塗り替えたモデルです。モデルレンジは、フルサスペンションが180/160/150の3シリーズ。それぞれにカーボンフレーム、アルミフレーム、レースモデルなどのバリエーションをそろえ、細かなお客様のニーズに応えます。ボトムレンジのXF1 Trail 150 でさえもハイクラスのコンポーネントを奢り、トレイルライディングの楽しみを徹底的に味わえるつくりが自慢です。

 

 

また、FANTIC はE-MTB のライダーとして内嶋亮選手と契約を締結。内嶋選手はMTB の元全日本チャンピオンで現役のオフロードバイクレーサーとして活躍中。本来は10 月14 日に開催の「オークリーDRT5エンデューロ」にFANTIC のE-MTB で参戦予定でしたが、悪天候のため延期。次戦のレースを皮切りに、まさにこれから成長と発展が期待されているE-MTB の先駆者として、FANTIC ブランドとともに、全く新しいスポーツの楽しみを広げていく予定です。